Skincare

薬剤師も実践している紫外線対策「必須」ポイントとは?

シミやしわの原因となる紫外線。あなたはどんな対策を行なっていますか?
日焼け止め、日傘、ビタミンCの摂取や美白化粧品などの方法がありますが、ポイントを押さえておかないと努力の成果が得られない可能性もあるのです。

では、正しい紫外線対策とはどんな方法でしょうか?薬剤師である私が実践している紫外線対策をご紹介します。

衣類やサングラスなどで体に当たる紫外線をカット!

どんなに日焼け止めを塗るよりも、まずは紫外線が物理的にからだに当たらないようにすることが第一です。
長袖のシャツを着るだけで、半袖と比べると約9割もの紫外線をカットできるとも言われています。手から腕だけカバーしたいならばアームカバーを活用しましょう。

また、衣類で調整ができない時には日傘や帽子を取り入れて紫外線が当たらないように工夫します。特に目から入ってくる紫外線はシミやシワの大きな原因の一つにもなるため、サングラスも必須です。

日焼け止めはSPF・PAをチェック&こまめな塗り直しが必須

日焼け止めを選ぶ時に指標となるのが「SPF」と「PA」です。

SPF・・・皮膚を黒くするUV-Bをカットする効果指数

PA・・・一時的な黒化と長時間かけて肌の弾力を失わせるUV-Aを防ぐ目安

いずれも数値やレベルが高い方が効果が高くなります。
普段の通勤程度であればSPF10、PA+程度でも効力を発揮しますが、屋外の活動が多い日はSPF30、PA+++程度は必要です。
さらに夏場の海のレジャーなどになればSPF50、PA++++と最大値の日焼け止めを選びましょう。

また、いくらSPFが高いからといって一日中効果を発揮してくれるわけではありません。汗や皮脂、ハンカチでの拭き取りなどで取れてしまうので、完璧にガードするならば2時間に1回程度は塗り直しましょう。

ビタミンCを補給する柑橘類は夜に摂取しよう

美白やコラーゲン生成を高める効果があるビタミンCは体に蓄積できないため、毎日補給することが大切です。特に紫外線が強い時期や、ストレスが多い生活を暮らしている人はビタミンCを失いがちになります。

ビタミンCは柑橘類、いちご、キウイなどのフルーツに多く含まれています。ただし、大事なのは摂取のタイミング!柑橘類を食べるなら夜がおすすめです。というのも、柑橘類に含まれる「ソラレン」が紫外線の感受性を高めて、むしろシミの原因になってしまうためです。

サプリメントからの摂取であれば朝でも夜でも大丈夫なので、私の場合はサプリメントを使って効率よく摂取するようにしています。

正しい紫外線対策でうっかり日焼けを食い止めよう!

日焼けは肌色が黒くなって透明感が失われるばかりか、シミやしわなどの老化現象の原因にもなります。うっかり日焼けしてしまわないように、毎日の小さな努力の積み重ねが大事です。特に間違った方法ではせっかくの努力も水の泡に…正しい知識を身につけて、しっかりと日焼け対策していきましょう!

ABOUT ME
アバター
薬剤師:笹尾真波
現役薬剤師ライター、薬学修士。 趣味はヨガと旅行。 大学院卒業後、市販薬の企画開発・マーケティングなどに携わる。その後、ドラッグ併設調剤薬局にて調剤業務および市販薬のバイヤー・サプリメント・ハーブやオーガニックコスメ販売に従事。外資系製薬企業にて学術としての経験を積みその後フリーライターに転身。