Skincare

肌が食べるゼリー「ジェリーアクアリスタ」でお肌ウルツヤに

皆さんのお肌の悩みって何ですか?色々あるとは思いますが、お肌にとって一番の大敵は何といっても「乾燥」。皆さんも保湿頑張ってらっしゃると思います。

けれど、化粧水をたっぷりつけているのに、なんだかすぐ乾燥してしまう・肌に浸透せず流れて行ってしまう。そんな風に思ってる方にぜひ試してほしいのが、肌が食べるゼリー。アスタリフトの「ジェリーアクアリスタ」なんです!

肌に水を保つ機能そのものを取り込む

「ジェリーアクアリスタ」は、洗顔後、お手入れのいちばん初めに、まっさらな素肌に直接なじませる“先行”美容液です。

実は、化粧水をつけてもうるおいを保てないお肌からは、うるおいをお肌にとどめる成分そのものが減少してる可能性があるんです。
例えば、タオルを水につけると、たっぷり水を吸い込みますよね。でも穴が開いていてスカスカの網の様な生地だと、いくら水につけても吸い込みません。
同じように、肌にある“セラミド”という成分が、入ってきた水をしっかりと抱え込んでくれるのですが、このセラミドは加齢とともに減少するため、いくら化粧水をつけても保水できず流れて行ってしまうんです。

「ジェリーアクアリスタ」には、このうるおいの鍵“セラミド”と同じ構造の“ヒト型ナノセラミド”を配合しているので、最初にお肌になじませてから化粧水をつける事で、何もせずに化粧水を塗るよりも、保水効果が上がるという訳です。このお手入れの効果で、肌のきめが整い、つややかな輝きをもたらします!

赤のパワー!「アスタキサンチン×リコピン」で肌にハリと弾力を

出典:ASTALIFT特設ページ

「ジェリーアクアリスタ」の容器を覗いてみると、なんだか美味しそうな真っ赤な色味が目を惹きます。

この色、実は着色料などではなく天然成分。エビや鮭などに含まれる赤色の色素“アスタキサンチン”と、トマトに含まれる“リコピン”によるものです。

“アスタキサンチン”は、高い抗酸化作用があり、美肌の大敵である紫外線などからもお肌を守ってくれます。そして“リコピン”が“アスタキサンチン”の美肌ケアをバックアップすることで、さらに肌本来の美しさにアプローチ。

赤のチカラが肌にハリと弾力を与え、ウルツヤ肌へと導きます!

自己復元ジェリーでいつでも新鮮

使い方はとっても簡単で、付属のスパチュラに取ったジェリーを肌になじませればOK。そのあとはお好みの化粧水やクリームで肌を整えます。これだけで保水力が大幅アップします!

しかもこのジェリー、仮にぐちゃぐちゃにかき混ぜても、1~2分で元に戻ります。この元に戻る力で、お肌の中でもしっかりハリを作り出してくれそうです。

作ったのはカメラメーカー?富士フィルムがなぜ??

この「ジェリーアクアリスタ」を作ったのは、カメラやフィルムを作る富士フィルムなんです。

今はほとんどのカメラがデジタルですが、アナログカメラに不可欠なフィルムの主成分はなんとコラーゲンなんです。

このコラーゲンが、細分化されて安定した状態であればあるほど、現像されたフィルムは長持ちで、写真もきれいに映るそうです。この、コラーゲンをナノ化する卓越した技術が、“アスタキサンチン”等のナノ化が難しかった成分を、お肌に浸透させられる程のナノサイズにする事を可能にしたのだとか。

もれなく【写真うつりの良い肌】になれそうですよね!

私ももともと乾燥肌が一番の悩みで、何をやっても改善されず、20代の時は30代の今より肌の乾燥がひどかったと思います。けれど今は、いろんな人から「お肌綺麗」といわれるようになりました!

お肌ケアの一番のキーポイントは何といっても【うるおい】!

肌が食べるゼリーでウルツヤ肌を目指しましょう!

ABOUT ME
モデル:花瀬めぐみ
モデル:花瀬めぐみ
モデル・ナレーター、一児の母。 通販番組で美容家電を担当するなど、最新美容はいつもチェックしてます。 料理や手芸が好きで、仕事の合間のDIYが大好き♡ キラキラかわいいおばあちゃんを目指して今日もおしゃれ頑張ります。