Cooking

美肌のために何を食べたらいいの?朝食のポイント3つ

こんにちは。フードコディネーターの宮崎奈津季です。
年齢を重ねるにつれて増えてくる肌の悩み。化粧のりが悪くなってきたなと感じることもあるのではないでしょうか?美容液などで外からのケアも大切ですが、食事で内側から肌を整えてあげることも大切です。

今回は、美肌を叶えるために食事の中でも重要な「朝食」について、3つのポイントをお伝えしていきたいと思います。

1.炭水化物とたんぱく質を摂るべし!

私たちが活動するために必要なエネルギー。
これは、炭水化物・たんぱく質・脂質の3つからなる「三大栄養素」から摂取することができます。その中でも朝食に摂取していただきたいのは、炭水化物とたんぱく質です。
炭水化物は三大栄養素の中でもすぐにエネルギー源として働いてくれます。主に米やパンに含まれています。
また、肉や魚、卵などに含まれているたんぱく質は、爪や髪、肌を作る材料のもととなります。
炭水化物からエネルギーをとり、肌のもととなるたんぱく質を摂取することで、美肌を作るための土台をつくることができます。

2.ジュースやスープでビタミン・ミネラル補給

ビタミンやミネラルが含まれている野菜やきのこ、海藻類を朝食に取り入れるのがおすすめです。
サラダや野菜スープ、みそ汁の具に入れるのが取り入れやすいのではないでしょうか。汁物にする場合は具沢山にすると、量もしっかり摂取することができます。
時間がない場合は、野菜ジュースなどで代用しても大丈夫です。ただし、食材として摂取するよりも食物繊維を摂取することが難しくなってくるので、その場合はランチに野菜サラダなど1品追加するのを心がけるとバランスがとれます。

3.フルーツや乳製品をプラス!

フルーツには、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。特にコラーゲンを生成するときに必要になるビタミンCを多く含んでいるものが多いので、美肌を目指すには摂取しておきたい栄養素です。

ヨーグルトなどの乳製品は腸内環境を整えてくれる効果があります。腸内環境と肌の健康は直結していると言われているため、肌の健康を保つには、腸内環境を整えるところから実行していくといいでしょう。

<まとめ>

普段、朝食を召し上がっている方は、今回お伝えしたポイントをぜひ取り入れてみてください。
朝、あまり時間がなくて準備できないという方は、まずは朝食を摂るところからはじめてみましょう。
飲むヨーグルトやフルーツ、おにぎりなど単品だけでも食べるようにすると、朝から腸がしっかり活動してくれるようになります。参考にしていただけたら嬉しいです。

ABOUT ME
アバター
合同会社HITOOMOI