Cooking

ダイエットには血糖値が重要。低GI食品について

この記事ではダイエットと血糖値の関係や低GI食品について解説します。
私達は食事をすると必ず血糖値が上昇します。この血糖値をコントロールすることがダイエットにおいては重要です。ダイエットと血糖値の関係について知り、血糖値を上手くコントロールしてダイエットを成功させましょう!

ダイエットと血糖値の関係とは

私達は食後に必ず血糖値が上昇します。
血糖値が上昇すると血糖値を下げるホルモンであるインスリンが分泌され、このインスリンには体脂肪を合成する働きがあります。

そのため、糖質の多い食事などで血糖値の上がり方が急激になったり、甘い物を頻繁に食べることで血糖値が頻繁に上昇するとインスリンが多量に分泌されるため体脂肪が合成されやすくなり、太りやすくなってしまいます。

このようにダイエットと血糖値は深い関係にあるのです。

血糖値をコントロールすることがダイエットのカギ!

炭水化物に偏った食事(丼物や麺類、糖質を多く含む甘いお菓子など)や野菜の少ない食事は血糖値を急上昇しやすい食事であり、ダイエット中は避けたい食事です。
野菜を先に食べて食物繊維を摂取することで血糖値の上昇の仕方を緩やかにしたり、甘い物や炭水化物に偏った食事は避けるなど、血糖値が急上昇しにくい食事を摂ることで血糖値を安定することができると体脂肪が蓄積されにくくなり、太りにくい体質を作ることができます。カロリーをコントロールすることももちろん大切ですが、血糖値にも着目して痩せやすい体質づくりを目指しましょう!

同じ炭水化物でも血糖値が急上昇しにくい低GI食品

同じ炭水化物でも血糖値が上がりにくい食品を選ぶことで体脂肪の蓄積を防ぐことができます。

GI値(グリセミック指数)は食べた炭水化物が体内で分解されて糖に変わるまでのスピードを表したもので、一般的にGI値が高い食材は血糖値が上がりやすく、低い食材は血糖値が上がりにくいと言われています。

つまり、GI値が低い食品、低GI食品を食べればいいということですね。

低GI食品にはどのような物があるの?

それでは、低GI食品をご紹介します。
低GI食品を日々の食生活に取り入れることで血糖値をコントロールしましょう!

雑穀

玄米やもち麦、全粒粉などの雑穀は白米や精製された小麦に比べて食物繊維が含まれており、血糖値が上がりにくい食材です。
主食を雑穀入りにするだけでもダイエット効果がありますので、白米ではなく玄米、食パンではなくブランパンなどを選びましょう!

麺類は蕎麦を選ぶ

麺類の中ではうどんや中華麺に比べて蕎麦には食物繊維やビタミン、ミネラルが含まれており血糖値が上がりにくい食材です。

大豆製品

大豆には食物繊維が豊富に含まれており、中性脂肪やコレステロールを下げる効果もあるため、ダイエットにおすすめの食材です。

さつまいも

さつまいもには炭水化物が多く含まれていますが、食物繊維が豊富にふくまれており血糖値が上がりにくく、炭水化物の代用の代用としておすすめです。

海藻

海藻にはぬるぬる成分であるフコダインという食物繊維が豊富に含まれています。ビタミンやミネラルも豊富に含まれていますので、代謝アップにも効果的です。

キノコ類

キノコ類も食物繊維が豊富に含まれているため、低GI食品の一つです。特にマイタケには修正脂肪を減らす効果があるため、ダイエットにおすすめの食事です。

血糖値をコントロールするためには食べる順番が大切!

食事の始めに野菜を食べることで食物繊維を摂る事ができ、食供物繊維が糖質の吸収を緩やかにします。
いきなり炭水化物を食べると血糖値の急上昇に繋がるため、野菜→たんぱく質→炭水化物の順番で食べましょう!
また、しっかり噛んで食べることでも糖質の吸収は緩やかになりますので、1口30回を目安にしっかり噛んで食べましょう!

低GI食品を摂り入れて血糖値をコントロールしよう!

血糖値をコントロールすることは体脂肪を合成する働きのあるインスリンの多量分泌を抑えることができるので、ダイエットに効果的です。血糖値が急上昇する食事は体脂肪が蓄積しやすい太りやすい食事ですので、低GI食品を摂り入れて血糖値をコントロールし、体脂肪の蓄積を防いでダイエットを成功させましょう!

ABOUT ME
アバター
栄養・食事ライター:中道麻智子
4年生大学で管理栄養士取得後、料理教室講師を1年3ヶ月経験。その後は委託給食会社にて調理や衛生管理を担当。栄養や料理関係の記事作成は300記事以上でライターとしても活躍中。現在はオンラインでの食事指導も行っており、それぞれのライフスタイルに合った食事指導を実施中。食べることと料理が大好きで、毎日食のことばかり考えています。